広島ドローン映像撮影-SEAGLASS-

空からの映像をもっと手軽に、もっと簡単に

 0829-59-1114

お気軽にご相談下さい 【営業時間】10:00~19:00

広島市西区商工センター付近 空撮事例紹介

   

ドローンの撮影はできる場所とできない場所があるって知ってました?

2015年12月より改正航空法が施行され、

今まで曖昧となっていたドローン等無人航空機に関する条文が追加され、

より具体的な規制が行われることになりました。

それにより

ドローンを飛ばしはいけない条件や場所が明確となり、

それに反すれば罰金、罰則が科せられます。

詳しくは→国土交通省航空局HP

 

人口集中地区とは

 

人口集中地区とは、国土交通省令で定める人又は家屋の密集している地域の上空

具体的には「ドローン飛行に!簡単な「人口集中地区」の調べ方。」より調べられます。

 

ドローンの飛行が禁止されている地域で撮影するためには

趣味で撮影していくには禁止地域をさければ良いのですが、

仕事となるとどうしてもそこで撮影しなくてなならない事もあります。

その場合、撮影の許可を国土交通省へ申請し、許可を得なくてはいけないのです。

 

それが結構大変だったりします。。。

 

ちなみに今回の撮影は某会社様より空撮のご依頼をいただいたのですが

飛行禁止区域でした。

そこで国土交通省へ申請を。

ちなみに今回申請書類として提出した資料は

A4用紙で15枚分。

資料作成で1日かかりました。

 

皆さんも申請する際はこころしてかかった方がいいかも。。

 

ということで今回の撮影等を

専門チャンネルにアップしたのでよろしければご覧ください。

空からの映像をもっと手軽に、もっと簡単に -SEAGLASS-

 

まとめ

①ドローンでの撮影は場所を下見して計画的に

②ドローン飛行可能か?どうかを調べる

③飛行禁止区域の場合は国土交通省へ申請する

ドローンでの空撮は日頃見れない角度からの眺望が望めてとても爽快な動画です。

皆さんも是非空撮を楽しんで下さい。

ではまた次回もご覧ください。

ありがとうございました。

 お問い合わせはこちら

貴方にお勧めの記事

 - 制作実績, 活用事例