広島ドローン映像撮影-SEAGLASS-

空からの映像をもっと手軽に、もっと簡単に

 0829-59-1114

お気軽にご相談下さい 【営業時間】10:00~19:00

空撮の際の注意点

空撮での飛行ルール

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローン等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。

安全の為ドローンは上空100㍍範囲でしがフライトできません。
また、離着陸場所は構造物や電線がなく開けた最低10㍍四方の平らな土地が必要です。

空撮できない場所

・都市部などの国が定める人口集中地区

空港等の周辺の空域

地表又は水面から150m以上の高さの空域

・高圧電線、パラボラアンテナ等の近く

空撮できない条件

・小雨を含む雨天時

・強風時

・日没後の夜間

・操縦者がドローンを目視できない場合

・祭礼・縁日など多数の人が集まる催し

・大きなビルの隣や、切り立った崖等の横で風の流れが予想以上に不安定な場合

詳しくは「改正航空法について」をご覧下さい。